English site is here →with Camper English site

2015/11/09

39時間北海道旅行記3「道の駅を巡り苫小牧へ」

道の駅を巡ります


39時間北海道旅行記3「道の駅を巡り苫小牧へ」です。

前回までの旅行記は↓
39時間北海道旅行記2「夕張、札幌、小樽を満喫」はこちら
39時間北海道旅行記1「新日本海フェリーらいらっくで北海道へ」はこちら
朝目覚めるとすっきりと青空が広がっています。
今日の夜には北海道を離れるとおもうとちょっぴり寂しくなります。

今日は小樽からフェリーの着く苫小牧まで道の駅を巡りながら移動です。
まずは国道36号沿いの恵庭市の道の駅花ロード恵庭を目指します

コンサバとリーがあり、広々とした明るい感じの道の駅です。
焼きたてのベーカリーからいいにおいがします。

次は国道337号沿い千歳市にある道の駅サーモンパーク千歳です

2015年8月にリニューアルした道の駅です。こちらも広々しています。
コンビニ、直売所、フードコート、お土産コーナーと設備がとても充実しています。
フードコートは美味しそうなお店がたくさん並んでいました。

隣にはサケのふるさと千歳水族館があり、サケの生態を知ることができます。
館内の入り口前にインディアン水車が展示してあります。
アメリカの水車式漁法にヒントを得た千歳川独特のサケ捕獲機だそうです。 
館内では千歳川内部の様子をみることができるそうです。

すぐそばの千歳川には先ほど展示で見たインディアン水車が実際に動いて、サケ漁をしていました。

サケ漁を間近見ることができ、サケがぴちぴちはねているのが
よく見えました。

たくさんの鮭を見た後は苫小牧市に移動します。
最後は国道36号線沿いの道の駅ウトナイ湖です。

休憩コーナーは広くウトナイ湖を一望できます。冬でも暖かいところから湖の様子が見られるのはとてもいいですね


湖のほとりにでることもできます。
対岸には白鳥のむれがいましたが、
白鳥が2羽群れから離れてお出迎えしてくれました。
人になれているのか随分とちかくまできてくれました。


道の駅ウトナイ湖を後にして買い物の前に港へ向かいます。

新日本海フェリーはどこ?


ところが。
港についてみると商船三井フェリーと太平洋フェリーがとまっているではありませんか。

あれ、どうやら間違えたようです。

そう新日本海フェリーは苫小牧東港からでます。
私達がいったのは苫小牧西港。

せっかくなので苫小牧西港を見学しました。
名古屋〜苫小牧間の太平洋フェリー、いつかはのってみたいです。

夕食の買い物をしてこんどこそ間違えずに苫小牧東港へ。
辺りはさっきとは違い真っ暗です。
車もトラックが前に1台だけでナビがなければ不安になりそうです

港に着くと乗船する乗用車がとまっていてほっとします。

新潟行きの列に並びます。
いつものようにくろさんは車でみどりは乗船口から乗船します。
団体さんがいましたがお土産をかっていたのですんなり乗船できました。

19時30分、出航です。

次回は苫小牧から新潟へあざれあに初乗船です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント :

コメントを投稿